2019/03/30 13:46


ねちょねちょしてべたついて
甘ったるいようなイメージ・・・

なぜかそんなイメージが定着している?気がするメレンゲ。

卵白と砂糖をざっくりふんわりと混ぜて何時間もじっくり低温で焼き上げるお菓子。
一見簡単そうで・・・
いつも同じ色に調整したり
さくっと軽い仕上がりに調整したり

毎日毎日同じ作業をしているからこそこの食感がだせる繊細なお菓子でもあります。

フランスでは大きく焼いてがさがさっと袋につめてどかっと店先に置いてあったりするくらい
日常の身近で手軽なお菓子です。

ジャリーヴではオープンから定期的に春になると焼いています。
きっかけはなんだったのでしょうか・・。
子供がさくさくほおばって欲しがるから?
もう忘れてしまいましたが、そのくらい些細なことからメレンゲ作りは始まりました。

大きく焼いてみたり、小さくしてみたり。
味を変えてみたりいろいろやりましたが、「おもたせ」のレベルにまでいかないのがなんとも悔しい・・


そんな時出会ったのがこの缶でした。

この缶とメレンゲがあわさったらわくわくするようなお菓子が作ることができる。。!

現在3種類のメレンゲ缶ができ、渋谷ヒカリエでは連日完売の人気商品に。

今後もかわいい缶に入ったチョコ掛けメレンゲなども出す予定ですのでお楽しみ!